スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

自立とは複数への依存である

って誰が言ってたんだっけ。今では色んなところで言われてて、言い出しっぺが誰だかわかりません。

まあ、この人・この場所がなかったらって依存の仕方は危ういよね。

どんなことも話せる友達よりも、いろんなところでいろんな顔を持っているほうが、なんとなく安心するよ。
人の中身だって、要素を切って分けられるような人格じゃないし。
人間同士のバランスの中で、役割も自然と変わるだろうし。

もちろん配偶者も他人だけど、寝食を共にしてるし愛も情もあるからなぁ。
私の人生で一緒に幸せになると決めた人だから、助け合いの精神は他の誰に対してより大きく持ってるけれど、それも結局「いまこの瞬間」の積み重ねだから。

私自身の心持として、誠実に生き抜きたいと思っているから、その実現のために必要な存在、と言えるのかな。

*

10年くらい前によく考えてたことがある。
「ひとりで生きていける」ということは、どこで暮らしていても、今物理的に近くにいる人とそれなりにいい関係を築けることなんじゃないかって。
相手へ理解を求めることと、自分が相手を理解して尊重すること、両方必要だから結構難しいとは思う。でもそういう生き方をあきらめたくない。

特定の人と深く狭く付き合うのもいいけど、自分の一面・考え方を理解したうえで一緒にいてくれる人は、色んなところにいたほうがいいよなーなんて思うのでした。




人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン

2017年05月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記
コメント

管理者だけに表示する

Calendar

List

Profile

Mail Form

Link

Counter

Blogram Parts

Ranking

Search

Al potal

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。