スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

世界を閉じる。

直視するのも悍ましい感情を孕んでしまった時は、
ありとあらゆる情報をシャットアウトする。
テレビ、雑誌、メールもチェックしないし、ネット関係も全く開かない。
夫とも、少し調子が悪い、とだけ断って、そこまで喋らない。

その日のTodoを終えて、あるいは終える前から、
無関係に燻る思いごとが原因だ。
夢での出来事、昔の出来事、昨日言われたことetc......
一方的な発信はいいことにしているので、
メールでツイートしたりブログを書いて整理することもある。
曲は、気分が変わらないように、同じ曲を延々と聴く。

日々のタスクに流されて置き去りにしがちな感情は、
丁寧に炙り出してやらないと、すぐに影を潜めてしまう。

「この考えは改めないといけない」
「この考えは自分を苦しめる」
理想を言い出したらキリがない。
苦しんでいる自分の感情を押し込めるのは引きずることと同義だ。
大体、醜い感情を抱いてる事実は消えないのだ。

それを誰かに伝えるわけじゃない。
同じ気持ちをわたしのなかで何度も何度も反芻するだけ。
そうして醜い感情を内包している自分に慣れる訓練をする。

醜い感情も突き詰めれば、誰かが美しいと言うかもしれない。
あるいは、醜い感情を内包しながらそれでも美しく在ろうとする姿に、
何か意味があるかもしれない。
はたまた、一周まわってとても純粋な気持ちが湧いてくるかもしれない。

篩にかければ、落ちるものと残るものがある。
選り分けたどちらかを書き起こして、作品にする。

他人様に見せて初めて、少しだけ開ける。



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
2014年10月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | 創作活動
コメント

管理者だけに表示する

Calendar

List

Profile

Mail Form

Link

Counter

Blogram Parts

Ranking

Search

Al potal

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。