スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

潮時

実はサイトを畳もうと思っている。
モノを作る時間が激減したので、
いっそ最低限、コンパクトにしてしまいたい。
厳密に言えば閉鎖ではなく、
このブログにサイト的な機能を持たせて、
創作物を載せていくつもりでいるのですが。
まぁでも、閉鎖は閉鎖。

あんまり認めたくないし、
実際認めたことで終わってしまうけれど、

いまのわたしは作る側の人間ではない。

搾り出してまで作るもの、
そうまでして残したいものが、今はない。

嘗ては心の淵から溢れ零れたものを、
理性で磨き上げて形にしてこそいたし、
冗談抜きで、それが生きる手段でもあったと思う。
モラトリアムも相俟って。

いまはHalcyon Daysという名前も何もかもが、
わたしにとって過去になってしまって、
その時の経験や感情がいまのわたしを構築していても、
わたしがその世界に戻ることは、
今のところないように思う。

簡単に言えば「もう出来ない」んだね。
諦めたといえば諦めてる。
ただ単に、わたしが物凄く変わっただけでもあるけれど。

近いうちにお世話になった方にご連絡すると思います。
でも、ここは続けるよ。
そして作りたくなったらまた作るよ。

以下、自分の人生に起こってきた出来事の話。
別に楽しいものじゃないけれど、
ランキングを挟んで、
まぁなんとなく残しておく。

*



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
blogram投票ボタン
わたしは、劇的に変貌を遂げた時期が4回ある。
1回目は年齢が一桁だったので詳細は割愛しますが、
一言で表すと、「罪悪感って便利な代物だ」です。

で、2回目が16の頃で、
この時の経験っつーのが文字通りの地獄絵図で、
本当に死ぬかと思った。というか死のうと思ってた。
で、今なんで生きてるかっていうと、
死ぬのが面倒くさかったからなんだけど。
首吊って死ぬところまでシュミレートしたんだけど、
一応感謝してる人がいた手前、遺書とか面倒くさくて。
この頃はいろんなものを作っていたような気がします。

ただこの時の精神反応というか身についた癖が厄介で、
今も尾を引いて某診療科に通院中。
もろに内臓患ってますw

負のエネルギーは創作物をぽんぽん生み出す代わりに、
容易に命を削っていく模様です。

3回目が19の頃から、大学時代ほぼすべての時期といってもいいかも。
自ら茨の道を進んでいった素晴らしい(?)経験でした。
実家にいながら生活力をバリバリ身につけました。
わたしは一人で生きていけるけど長生きは出来ないなぁ、
と悟りました。
この頃から生存戦略に必死になって、
作ることから疎遠になりました。

4回目が22くらいの頃で、
ちゃんと手を繋げる人がいると気づきました。
わたしの人生は何せ主観が歪んでいる為失望が多いのですが、
そんな中初めて、もしかしたらもしかして大丈夫かもしれない。
と幻想だろうがまやかしだろうが思うことが出来ました。

このように、いかんせん作ってきたものが絶望ベースなので、
相対的に持ち直してしまうとモノが作れなくなります。

単純に、明るいモノの作り方知らないだけですね。

終わり。
2013年01月16日 | Comments(0) | Trackback(0) | 創作活動
コメント

管理者だけに表示する

Calendar

List

Profile

Mail Form

Link

Counter

Ranking

Search

Al potal

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。